VistaPre-RC1 インストールしてみました。

VistaPre-RC1 インストールしてみました。前回64bit版のVistaBeta2のインストールを行いましたが、
ほとんど動かすこともなく(デュアルブートなんで)放置してましたが、
そうしているうちにVistaPre-RC1が出てしまいました。
RC1とはRelease Candidate=出荷候補版なので、それのPreということで
出荷候補版の前もって公開版、ということですね。
今回は10万回のダウンロード限定ということで慌ててDLしましたが、
本当に数日で公開が終了してましたね。落とせてよかった(汗。
今回は32bit版しかなかったのですが、とりあえず64bit版を入れたドライブを指定して
インストール作業を行おうとしたところ、アップデートは出来ず新規インストールのみしか
選べませんでした。まぁこれは64bitから32bitへのアップデートが出来ない、
というわけじゃなくてそもそもまだアップデートインストールに対応してない
ということだと思います。
インストールは相変わらず時間がかかるものの、起動した後は割と快適に動きますね。
64bit版から32版へ変えたから、というのもあるかもしれませんが、XPの32bitと
64bitを比べても動作にそんなに差がない事を考えると、OS自体の不要な重さがなくなったと考えて
いいと思います。
(ちなみに、CPU : PentiumD805@3.2GHz動作 MEMORY : 2GB です)
これだったらメインのPCとして今使ってもよさそうな感じです。
もっとも、ドライバーがどの程度集まるか、という問題もありますが・・・。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする