D’sDinner@Blog

WordPressとも格闘しつつ安息の地だと信じるブログ

RP3ステップワゴンとヴェゼル(VEZEL)乗り比べ。

| 0件のコメント

RP3ステップワゴンとヴェゼル(VEZEL)乗り比べ。RP3ステップワゴンも購入から1年。7人乗りが不要になったので後1年で手放す予定ですが、当面は大事に乗っていきたいということで、

1年点検に来たところ、「トランスミッションコントロールユニット」の不具合があるか確認したい、と言われました。。。

何のことやら?と思ったのですがちゃんと発表されていたんですね。

で、ウチの車も漏れなく該当しており(汗、交換に時間がかかると言うので急遽点検が終わるまで代車を借りることにしました。

数車種選べたのですが、試乗したことがないのがヴェゼル(VEZEL)だけだったので、ありがたく3時間程お借りしました。

グレードは不明でしたが、ハイブリッドだったので、恐らくは「HYBRID X・Honda SENSING」だったと思います。

運転視点は見た目より全然低い

まず、ステップワゴンとくらべて思ったのが座った時の視点が低い!と言うこと。乗用車よりは高いんでしょうがステップワゴンと比べると全然低く、運転が楽しいポジションだと感じました。

そして、シートに座った感覚としては、深く車に座り込む雰囲気があるという感じ。

これもステップワゴンでは普通の椅子にただ座ってる感じですが、ヴェゼルでは若干スポーツカーよりというか、腰がシートの奥に密着する感じで、足を水平に投げ出すような雰囲気です。

より、車と一体になる感じはあると思うのですが、座ってて楽かと言われるとちょっと微妙かもしれません。

でも、車を「移動する手段」ではなく運転自体を楽しむものとして考えるなら、断然ヴェゼルだと思います。

後部座席は普通に広い


後部座席は2人乗るには全く問題なく広そうでした。このグレードだからかもしれませんが、革シートも高級感があって、いい感じです。

これでステップワゴンより安いんですから。。。全く参りますね。

ハンドルの操作回りはステップワゴンと同じ

ハンドルの形状そのものは違うのですが、ハンドルについているボタンはステップワゴンと同じで、違和感なく操作できました。

ついでに、運転席ドアについているパワーウィンドウスイッチ回りと、サイドミラー操作用のスイッチも同じだと思います。


思いっきり違うのは、シフトレバー。ゲート式やストレート式でもなく、初めて見るタイプでした。

どのポジションに設定するかを入力するコマンド式?のようなもので、シフトポジションの横に光っているLEDを、レバーを操作して別の場所に移動させる感じです。その時、レバーは上下左右に傾くだけで、ゲート式やストレート式の様にレバー自体が別の場所に移動したりはせず、LEDが光る場所で、現在のポジションを把握しなくてはなりません。


また、パーキングだけは、シフトレバーの横に単体でPボタンがあり、そのボタンを押すことでパーキングに入るという仕様。。。さらにサイドブレーキもパワーウィンドウスイッチが大きくなったようなレバースイッチで操作します。ワイヤーを引っ張っている感覚は皆無ですね。

これらの操作が全然違うので、正直、3時間では全く慣れず(汗、ものすごく操作しにくかったです。


新しい物好きとしては物珍しくて良いのですが、スムーズに操作できないのは若干ストレスですね。操作ミスを低減させるとか、メカニカル部分が減ってコスト削減とか、きっと何かいいことがあるのでしょう。また、あまり運転を得意としていない人や、機械が得意じゃない人にはさっと車を貸し出せない気もしました。でも、こんなこと言ってますがメカが好きな自分としては気に入ったんですけどね。

スポーツモードはなかなか良い加速

エコモードのほか、スポーツモードがあるようで、ボタン一つで切り替えることができましたが、スポーツモードはバッテリーを使わずにエンジンのみで走るんだそうです。

そして、それが走りが良くて、2人で乗ってる時点ではそれなりに爽快に走ることが出来ました。もちろんステップワゴンと比べたら、なんですけど。

エンジン音と排気音も聞こえてきて(そういう車なのかどうかはさておき)、確かに運転自体を楽しむ為のものだなって言う感じがしました。

また、エコモードはハイブリッドで走りますが、ステップワゴンのアイドリングストップよりもイライラせずにスタートできるのが良いところですね。

ステップワゴンのアイドリングストップは、停止時にエンジンをストップさせるかどうかを自分のブレーキペダルの踏み込みでコントロールする必要がありますが、(強く踏み込むとエンジンが止まる。軽く踏んでると車は停止しているがエンジンは止まらない)

ヴェゼルのハイブリッドはそれを気にすることなく、停止時からのスタートはモーターのみ、またはエンジンと合わせて走り出しますので、勝手にエコ運転できますし、今は一旦エンジンを止めるべきか否か、なんて考えながら運転することも不要です。

余談ですが、アイドリングストップ車に乗っている人なら、一旦停止した後で、またちょっと進んだ時とか、ダラダラ渋滞にハマったときとか、いちいちアイドリングストップするべきかどうか、悩むことがありますよね。すぐ進む必要があるときでも、スッと車が動いてくれないので、もたついたり。

1年乗って、あれって結構なストレスだなと感じるようになりましたが、みなさんはいかがでしょうか。そこにストレスを感じず、余裕を持って運転できるのが良いドライバーなんでしょうかね。。。

おわりに

ステップワゴンとヴェゼル。そもそも、購入する際の比較対象にならないとは思います。価格的にもフリードとヴェゼルが競合するんでしょうね。

ただ、結構高級感があって良い車だと思います。ヴェゼルが出た時に、「おー、何番煎じだか知らないけど、やっとホンダでもこういう雰囲気の車出せたんだ」と正直思ってしまいましたが(汗、パッと見て一発で気に入ったのを覚えています。そして、思った通りの良い車でした。

6人常時乗る必要がないって去年わかっていたら、ヴェゼル、買ってただろうなぁと思います。また、来年ステップワゴンは売却してFITあたりに買い換えるつもりですが、本当であればヴェゼルに買い替えたい、と思ってしまいましたね。

コメントを残す

必須欄は * がついています


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)