torneレビュー。

torneレビュー。ということで待望のtorneを入手して数日経ちましたが、やはり便利ですね。
同時にバッファローのHD-CL1.0TU2という外付けのHDDも入手しましたが、1時間番組で約5GB使用するので約200時間は録画できるHDDレコーダーになりました。
ちなみに接続方法ですが、
PS3(USB1) – torne
PS3(USB2) – バッファロー製USBハブ(別途ACアダプタ無しのタイプ) – HDD
としています。
USBハブ経由でその他PS3のコントローラやらワイヤレスキーボードの送受信部を付けたりしています。
録画した映像はたまに音+映像が飛んでしまいますが、そんなに気になる程度ではありません。
録画中に再生する場合は飛ぶ頻度が高くなっている気もしますが、自分の中では納得できる範囲です。
また、試しにUSBハブにtorneも繋いでみましたが、
少し使った限りでは、録画と再生に、特に問題は無さそうでした。
ただし仕様上、PS3に直接繋げ、と明記されているのでこちらは直差しに変更しました。
肝心の画質ですが、すばらしいです。まあ放送しているもののコピーですので、
綺麗なのは当たり前なんですが、PS3の持っているアップコンバート機能を使っているようです。そりゃ綺麗なわけですね。
PCでアナログキャプチャーをしていますが、できればそちらにはもう戻りたくないという感じです。
早くtorneの2個付けに対応してほしい所ですが、難しいんでしょうかね。
ここまで便利だと、ダブルチューナーになれば言うこと無いんですが。
※ちなみに、来週ぐらいから通常の流通状態になるそうです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする