DS Liteを修理に出しました。

DS Liteを修理に出しました。以前から次女のDSの調子が悪かったのですがやっと修理に出す事に。
当の本人はそんなに困っていなかったのですが、どうやらタッチ画面のセンサーがおかしくなってしまったようで、
画面右側が、タッチした場所と1cmぐらいずれて反応しているような状況のため、僕の方が見ててイライラしてました。
そもそも、せっかくの液晶保護シートを勝手にはがしてしまったようで、だんだん調子が悪くなっていったとの事。
大人は最善策を講じているのに、子供っていうのは理不尽な事をするもんですよね。
他にもヒンジ部分もひび割れており、開いたときもプラプラしてます。
次女がそんな状態で漢字検定DSをやっており(汗、点数が悪いと奇声を発しているので
「そりゃDSのせいだろ。とっとと修理しなさい」といつも修理を促していたのですが、
それから数ヶ月が経過し、らちがあかないので半ば強制的に修理を出す事にしました。
修理方法の詳細はこちらのブログに詳しく記載されていたので割愛しますが、
うちの次女はどういうわけかシリアル番号が書いてあったシールをはがしており、
そもそも修理できるのか?と思ってあわてました。
(他のシールを貼るために剥がしたようです・・・意味わからん)
もしや、と思ってマニュアルを確認したら、その裏の保証書部分にもシリアル番号が記載されていたので何とか修理申し込みは行えたのですが、
購入してからほぼ2年が経過し、既に保証期間は過ぎています。これは有償修理確実ですね。
WEBで簡単な故障状況を記載した後、おおよその修理費用がわかるページも確認したのですが、
タッチ液晶とヒンジ部分でそれぞれ3500円ずつ。合計7000円の修理となりそうです。
ネット上のブログを読んでいると、以前は無償にしてもらった、という記事がたくさん載っていますが、
さすがの任天堂といえどもこの不況のど真ん中でそこまでできる余裕はないでしょうね。
そもそも壊したのはこちらが悪いわけですし・・・。とにかく直ってもらえばOKです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする