Virtual環境構築中続き。

Virtual環境構築中続き。VMServerは自分のメインのPCで使用して、
VirtualServerをそれ専用PCで構築し、そちらは通常稼動させる事にしました。
作ったVS用PC
・CPU Athlon 1GB
・MEM PC100 256*2 + 512*1 = 1GB
・HDD IDE 60GB
専用PCといっても古いパーツの寄せ集めみたいなPCなので、ちょっと性能的には厳しいですね。
HDDは15GBと45GBにパーティションを切り、45GBにVirtualServerのイメージを置くようにしています。
とりあえず立てたのは2台目のADサーバとグループウェア検証用サーバですが、
2台同時にインストールなどの処理をやらせると、かなり遅くなります。
それぞれメモリを128MBずつしか割り当ててないので、常時何台稼動させるか決まれば、
それにあわせてできるだけ多くのメモリを割り当てようかと思ってます。
またMSのページを見ていたら、リアルに稼動しているサーバを
VirtualServer化することができるようですので
現在別のPCで稼動しているメールサーバがあるのでこれをVSに格納してみたいと思ってます。
かなり敷居が高そうですが・・・・。
後はVSのイメージを置いているドライブだけでもRAID化しておきたいところですね。
マザーが古く、オンボードIDEでは128GB以下までしか認識しなさそうなので、
現在中古のHDDを物色中です。
VMServerの方ではMSCSを構築してみたいのですが、
平行してやる時間が取れない・・・というか集中力が続かないです。
やっぱり家だと遊んじゃうしなぁ。家族サービスもしつつ環境構築は大変ですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする