メモリ購入しました・・・が、オーバークロック耐性無し(汗。

メモリ購入しました・・・が、オーバークロック耐性無し(汗。先述の通り、PC4300 1GB×2 を購入しました。
現状構成のまま、メモリ差し替えて起動させたところ、フリーズ連発してしまい、
まさか、不良メモリ?と思ったのですが、
CPUのオーバークロック(2.66GHz→3.1GHz)を止めて定格動作にし、MEMTEST86を動かしてみたところ、
10時間ほどテストしても何にもエラーが出ず。
ということで、オーバークロック耐性が無いメモリなのね、ということが判明しましたorz。
ためしにFSB620MHzのオーバークロック状態でMEMTEST試してみましたが、メモリのエラーが出る前に、
MEMTEST自体がフリーズしてしまいます。こりゃだめだ。
それまで使っていたのはPC3200 256MB×2 だったのですが、FSBを533MHzから620MHzに上げても
耐えられていたんですよね。メモリ動作クロックは400MHzなので、クロックアップ時は
465MHz動作していると思いますが、がんばって動いていたようです。
今回、PC4300にしたことでメモリ動作クロックは533MHzになりますが、
オーバークロック時の620MHz動作がどうも耐えられない様子。
少しずつFSBを下げてMEMTESTの1pass完走がどこまで行けるかを試していましたが、
結局、FSB580MHzで(CPU 2.9GHz)ならMEMTESTも完走できることが判明しました。
あとは、CPU動作クロックを少し下げた状態だけど、メモリクロックはそれなりに早い状態にするか、
もしくは、メモリ動作クロックをもっと下げてCPUは以前と同じクロックで動作させるか、悩みどころでしたが、
結局、メモリ動作クロックを下げることにしました。
オーバークロック用に柔軟な設定項目があるマザーボードだったらもっとギリギリのところまで追い込めそうですが、
電圧の変更も出来ないマザーなんで、仕方ないですね。
結局メモリは強制的にPC3200として認識させ、FSBは620MHzまで上げた状態でMEMTESTを実行。
無事に1pass完走できました。
PC4300買った意味ないなぁーと思いつつ、かといってPC3200がとびっきり安いわけでもないし、
マザーボードでも買い換えたときに意味をなすかもしれないなぁと自分に言い聞かせました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする